子育ての重要性

親の命を奪ったり、自宅に放火して家族を犠牲にしたりと、常軌を逸した少年の事件が続いたことがあった。 少年の家庭の教育がどうだったのかと思う。
「サル学の中から学ぶ」という学説がある。
母親に育てられたサルは、母親との接触がどうゆうものかを実感し、他のサルの母子関係も見ながら育つ。 だから親になっても大丈夫だが、母親から隔離飼育されると、子育ての方法が分からないそうだ。 サルに限らず、動物の子育ては、子供がひとりでに生きて行くことに尽きるのだという。 子は親を見て育つという。 人間は生まれた時から、民族の文化に囲まれて育つ。 その文化を大事にすることが、重要なのだ。 このところ、子育てより、社会進出をすることの方が、女性を輝かせるというような風潮がある。 家庭を守る主婦を、軽く見ているように思えてならない。 子育ての大切さを理解していないのではと思う。 せめて、子供が幼いうちは、家庭で保育できるような社会が望ましい。
そして子供の教育に専念できることが望ましいと思うが。