教育事情(教育ママは賢者)

最近の子供たちは大変だと思う。小学校の低学年から、塾通いしている子供たちが多い。母親たちの共通認識がそのようである。しかしながら子供の将来を考えると、その傾向は正しいように思う。何年か先を見ながら特許を出す行為は、小さな子供の教育とよく似ている。子供は自分から好きで、勉強するのではない。多くの子供たちは後で感謝することも知らず、当座はうるさい親だと思いながら、渋々勉強している。母親は本人のためになる、将来必ず必要になると知っているから、口うるさく真剣に子供の尻をたたくのである。
諺に「愚者は、己の経験に学び、知者は他人の経験に学ぶ」というのがある。外で悔しい思いを経験しながら、働いていることの多い父親は、これで言うと愚者になる。外で働いている父親の経験をよく理解し、そして子供に厳しくなれる母親は、実は大変な賢者なのである。