教育勅語を悪く言うメデイアとは

「教育勅語の精神は親孝行、友達を大切にする、夫婦仲良くする、高い倫理感で世界中から尊敬される道義国家を目指すことだ」 と国会の質問に対して、稲田朋美防衛相がそう答弁していた。その通りであり、きわめて正しい。
これを批判するメデイアがいるが、まさか当のメデイアは、親不幸や友人への不義理、夫婦のいさかいを推奨させるわけではあるまい。 森友学園が運営する幼稚園が、教育勅語を園児に暗唱させていることを問題視してそう述べている。 わざわざ連合国総司令部(GHQ)の占領下で、その意向に従わざるを得なかった時代の決議を持ち出して、否定しようとしているのだがおかしな主張だ。
教育勅語を古いと主張する人もいるが、教育勅語の内容そのものは、今日でも通用する普遍的なものばかりである。 これを否定するとしたら、どうゆう見解を持っている人なのか。 もしかしたら北朝鮮の回しものかと疑ってしまうが。